空き家のご相談

空き家は身近な問題です。空き家で慌てない、困らないために。

2014年総務省の発表によると、全国の空き家率は13.5%と過去最高となりましたが、空き家はこれからも増加を続け、民間のシンクタンクの発表ではこのまま空き家が増え続けると2033年には30%を超えることになります。
そのような流れの中で、皆さんにとって特に問題なのは『実家が空き家』になった時でしょう。原因は、親がなくなる、親が施設に入るなどで、すでに皆さんの周りでも身近な問題になっているのではないでしょうか?

空き家になっても家にはお金がかかり続けます。

◎固定資産税・都市計画税などの税金

◎修繕費用

除草、掃除、通風、ポストのチェック

◎水道代、電気代など

◎空き家を管理しに行くための交通費と時間

その金額は1年間だけでも数十万円、仮に10年空き家のまま保有し続けると数百万円にもなってしまうことも。

空き家は精神的な負担も強います。

◎ご近所や近くの親戚への気遣い

◎空き巣・放火など防犯上の心配

◎大雨、地震など災害に対する心配

◎経済的な心配

◎特定空家に指定されてしまった場合の税金増額や取り壊し費用の心配

空き家対策のサポートをいたします。

そのために空き家に対しては、現状や将来を把握するとともに、管理・活用・処分などの方向性を決め、実行することも大切です。

皆さんが抱える空き家のお悩みへの対応、これから空き家になった場合の対策などをアドバイスするとともに実行サポートいたします。

 

「空き家問題空室対策研究会」会員

ご相談の
お申し込み・お問い合わせ

メールフォームはこちら

お仕事(執筆・セミナー講師)の
ご依頼・お問い合わせは
fp.no-side@s7.spaaqs.ne.jpまで